10分で作れる!?豚肉とひらひら大根のスープ煮・ほうれん草のおかか和え

こんにちは、こもママです。

本日は「10分定食」をご紹介します!

「ごはんは短時間で作りたいけど、家族にちゃんとしたご飯を食べさせたい」こういった悩みを持っている方多いのではないでしょうか?

10分程度で誰でも簡単に作れて、さらにバランスの良い美味しい献立を管理栄養士がご提案!在宅勤務のランチに作っている献立なので調理時間も味も保証します!

「10分ランチの想いとメソッド」はこちら

「10分定食」の定義

在宅勤務の2人分のランチを昼時間10分で作り切ることを目指した献立。

在宅勤務は朝に少し余裕があるので下ごしらえ等を含む場合がありますが、そこは10分に含んでいません。また、食材を冷蔵庫から出した状態でスタートしています。

10分に収まらないこともありますが、それらもリアルにお届けします😂

本日のメニュー

・ご飯

・豚肉とひらひら大根のスープ煮

・ほうれん草のおかか和え

主な材料

【下ごしらえ】朝、冷凍ほうれん草をボウルに入れて解凍!

調理風景

果たして10分で作り切るのか⁉️⁉️

結果発表

10分で作り切りました‼️成功‼️

献立ポイント

大根や人参をピーラーで薄く剥くことで火の通りをよくし、煮込み時間を短縮!カット時間も短縮し、ニラを切る以外は包丁は使わないので調理技術のない方でも簡単に作れます!

ほうれん草は冷凍を使用し、解凍すればすぐ食べられ、時短!

・実は冷凍ほうれん草は、生野菜を茹でた時よりもビタミンCが豊富なことも!冷凍野菜は時短だけでなくしっかり栄養!

・1人前200gの野菜が摂れる献立。1日に摂りたい野菜350gの半分以上摂れる!

※冷凍野菜、嫌がる方もおられますが、実は市販されている冷凍野菜は、一般的に旬の時期に収穫したものを使用してます。旬の野菜は1年で最も栄養が多く含まれているため、旬を過ぎてしまった生野菜を家庭で茹でるよりも、冷凍野菜の方が栄養価が高いこともあります。

旬の冬摂りのほうれん草は、夏摂りのほうれん草に比べてビタミンC量は3倍、冷凍のほうれん草は約2倍になります。

ほうれん草100gあたりの栄養価の違い[1]

ビタミンC
ほうれん草/冬摂り/ゆで30mg
ほうれん草/夏摂り/ゆで10mg
ほうれん草/冷凍19mg

これからの季節に旬を迎えるほうれん草は生がおすすめですが、冷凍野菜も上手に生活に摂り入れると便利ですよ!

10分こもれびランチ、簡単にできるので是非お試しくださいー!

【出典】1.文部科学省,日本食品標準成分表2020年版,https://www.mext.go.jp/a_menu/syokuhinseibun/mext_01110.html

2 COMMENTS

伊東

200グラムの野菜ってハードル高そうに思ってしまいますが、工夫次第で意外と作れるんですね!
勉強になりました。
ひらひら大根、おいしそう〜。

返信する
こもママ

コメントありがとうございます!
そうですよね、野菜も生だとかさが多いですが、
煮物などだと意外に摂れてしまう!
ひらひら大根、カットも楽ですし、味が染みて美味しいので是非作ってみて欲しいです⭐️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA